資料館・博物館

観光エリアから探す
キーワードから探す

カテゴリーから探す

資料館・博物館

  • 櫻本坊(さくらもとぼう)
    吉野山エリア

    桜の夢のご縁で天武天皇建立、天武・持統帝の勅願寺。神仏習合修験道場。神変大菩薩(鎌倉時代・重文)をご本尊とし、天武天皇ご念持仏・釈迦如来坐像(飛鳥白鳳時代・重文)など数々の寺宝が伝わります。 聖天堂に...

  • 吉野山ビジターセンター(金峯山寺聚法殿)(よしのやまびじたーせんたーきんぷせんじじゅほうでん)
    吉野山エリア

    蔵王堂の外観を模した建物で、センター内には、吉野の自然、桜、歴史、修験道などについて展示しており、吉野の歴史と自然をわかりやすく解説しています。 吉野を巡る前にここを訪れると、ひととおりの知識が得られ...

  • 吉水神社(書院・重文)(よしみずじんじゃ)
    吉野山エリア

    もとは吉水院という、金峯山寺の格式高い僧坊でしたが、明治のはじめ、後醍醐天皇、楠木正成、宗伸法印をまつる神社に改められました。 吉野へ潜行された後醍醐天皇を、吉野大衆の中でも特に力をもっていた住職、宗...

  • 吉野歴史資料館(よしのれきししりょうかん)
    国栖・中荘エリア

    宮滝遺跡から出土した縄文・弥生の遺物や天武・持統天皇が度々訪れた吉野の宮に関する展示を行い、吉野の歩みと文化をも学ぶことができる町営施設。 また、施設から見る「青根が峯」「象山」「三船山」の眺望が美し...

  • 如意輪寺(にょいりんじ)
    吉野山エリア

    創建は901~22(延喜年間)年と伝えられています。1336(延元元)年、後醍醐天皇の勅願寺とされた寺。 天皇没後、楠木正行が大阪四条畷の戦いに出陣前、鏃で記した辞世の歌が堂の扉(宝物殿に保存)に残り...

  • 金峯山寺蔵王堂(国宝)(きんぷせんじざおうどう)
    吉野山エリア

    金峯山寺は吉野山のシンボルであり修験道の根本道場です。金峯山とは吉野山から山上ヶ岳(大峰山)にいたる山々の総称で、“金のみたけ”という意味。山上ヶ岳にある大峰山寺への玄関口の役...

  • 1