ふるさと納税

日本の心のふるさと・笑顔あふれる「吉野」世界遺産・吉野ふるさとづくり寄付金のご協力のお願い(ふるさと納税)

吉野町では、全国の皆様からの温かい思いの込められた大切な寄附金を、より良い町、より魅力ある町にしていくため、桜の保全・教育・福祉・地域支援などの施策に大切に使わせていただいております。「日本の心の故郷」ともいうべき吉野を全国の皆様のお力添えでお守りください! 多くの皆様が「世界遺産・吉野ふるさとづくり寄附」にご協力下さることをお待ちしております。

世界遺産・吉野ふるさとづくり寄付方法

1.オンライン手続き

(1)下記サイトからからのお申出

払込方法

・クレジットカードでの払込

・郵便振替(手数料不要)~後日お送りする振込用紙で払込ください~

・吉野町指定の金融機関での振込(手数料不要)~後日お送りする納入通知書で払込ください~

 ※取扱金融機関:南都銀行本支店・りそな銀行本支店・奈良県農協本支店

・その他金融機関での振込(別途手数料必要)【寄付者様のご負担となります】

YVBふるさと納税バナー.jpg

rakutenmousikomi.jpg

furunabi.jpg



(2)ふるさとづくり寄附申込フォームから、電子メールによるお申出

払込方法

・郵便振替(手数料不要)~後日お送りする振込用紙で払込ください~

・吉野町指定の金融機関での振込(手数料不要)~後日お送りする納入通知書で払込ください~

 ※取扱金融機関:南都銀行本支店・りそな銀行本支店・奈良県農協本支店

その他金融機関での振込(別途手数料必要)【寄付者様のご負担となります】

・現金書留による送金(※別途郵送料必要)【寄付者様のご負担となります】

 ※送金先:〒639-3192

      奈良県吉野郡吉野町大字上市80-1

      吉野町役場協働のまち推進課

      ふるさと納税係宛

・直接、吉野町役場にご持参

      ふるさとづくり寄付申し込みフォーム

2.寄附申出書による手続き

寄附申出書にご記入の上、郵便又はファックスでご送付ください。

※寄附申出書はこちらからダウンロードしてください。

・寄付金申出書.pdf


※ご希望の方には、こちらから寄附申出書を郵送・ファックス又は電子メールでの送信もいたしますので、お知らせください。


ふるさと納税とは?


「ふるさと納税制度」とは、「ふるさと」を応援したい、「ふるさと」へ貢献したい、という気持ちを持つ納税者が、「ふるさと」と思う地方公共団体に寄附を行った場合、個人住民税からその2割程度を上限として、寄附金額を控除する寄附金税制のことです。


例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。


また、自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった自治体や応援したい自治体等、どの自治体でもふるさと納税の対象となります。2koujyo.png

また、自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった自治体や応援したい自治体等、どの自治体でもふるさと納税の対象となります。

世界遺産・吉野町ふるさと寄付は何に使われるの?

ふるさと納税でご寄付いただいたお金は、次のような事業に活用されます。


①町長お任せコース

②信仰の桜コース

 ・世界遺産の桜の保全

③観光振興コース

 ・地域の魅力を活かした観光振興に向けた取り組み

 ・世界遺産、自然環境、文化財(国宝、重要文化財)の保護保全

④産業振興コース

 ・鳥獣害対策支援

 ・森林保全

 ・育林支援

 ・商工業支援

 ・農業支援

⑤教育・子育て支援コース

 ・子育て支援事業

 ・教育、少子化対策

 ・教育施設

⑥福祉・地域医療支援コース

 ・地域福祉事業

 ・高齢者福祉事業

 ・障がい者福祉事業

 ・保健、地域医療

⑦町内の自治協議会、自治会、町内会への支援コース

 ・「ふるさと応援交付金」として指定された自治協議会、自治会町内会、区に交付されます。※寄付申し出の際、支援する自治協議会、自治会、町内会、区の名称を1つのみ、記入してください。自治会一覧表.pdf

⑧生涯スポーツ、育成支援コース

 ・スポーツ環境の充実

 ・スポーツ活動の普及、育成支援

 ・スポーツを通じたまち、ひとづくり

⑨新型コロナ対策「受け継がれてきた吉野町の地域資源を守る」ためのコース

 ※終息後は、「町長お任せコース」に合算しますことをご了承願います。

 

          吉野町ふるさと納税 情報★

          更新日

          更新内容

          令和2年10月1日

          令和2.9から指定制度.jpg

          令和2年5月31日

          令和元年度 世界遺産・吉野ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)集計額(令和2年5月31日現在の状況)を公開しました。


          令和元年度申出集計額.pdf


          令和元年度活用報告.pdf



          吉野町を応援していただいた全国の皆様、本当にありがとうございます!


          今後も、ふるさと納税を通じて、「吉野町ファン」の拡大と、謝礼品による町内経済の活性化と更なる魅力発信に繋げていきます!!





          令和2年5月8日



          先人から受け継いだ「吉野ブランド」を未来に!!

          皆様のお力をお貸しください。

          吉野町長からのメッセージ

          吉野町長からのメッセージ.jpg

          吉野町長からのメッセージ.pdf

          (文字を拡大される場合は、上記PDFをご覧下さい。)


          ふるさと納税の控除制度の概要

          ふるさと納税の控除制度について

          所得税と住民税の控除をうけるためには・・・

          控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。ただし、平成27年4月1日から、確定申告の不要な所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。これは、平成27年4月1日以降に行われるふるさと納税に適用されます。

          (参考)総務省「ふるさと納税」ポータルサイト

          所得税・個人住民税からの税額控除の計算


          所得税 (寄附金-2,000円)×税率
          個人住民税基礎控除 (寄附金-2,000円)×0.1(定率)
          特例控除

          (寄附金-2,000円)×(0.9-所得税率)

          ※住民税所得割の20%が控除限度額

          所得税・個人住民税の寄附金控除を受けるためには、確定申告・住民税申告(確定申告を要しない人)が必要です。

          吉野町が発行する「寄附証明書」等を添付して、寄附をした年分の申告をしてください。添付書類については下記をご覧ください。


          確定申告・住民税申告の添付書類

          1.寄附証明書

          ワンストップ特例の申請の有無にかかわらず、すべての方に寄附証明書を送付します。


          2.郵便局払込取扱票の受領証及び吉野町指定金融機関専用納付書の領収書

          ※寄附者の氏名、住所、寄附金の額、寄附をした日の記載があるもの。ふるさと納税である旨の印字があるものに限ります。

          ※寄附をした日の記載は受領印でも可能です。

          ※ATM(現金自動預け払い機)の振込等により受領する控(受領証)は使えません。


          確定申告・住民税申告の際は、1か2のどちらかを添付してください。


          ワンストップ特例制度について

          ワンストップ特例制度とは、確定申告・住民税申告を要しない方が、「ふるさと納税」をした際に、申請書を提出することで、確定申告等の税務申告手続きをしなくても、所得税・住民税の控除が受けられる特例制度です。

          ワンストップ特例制度を利用される方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を吉野町に提出してください。(尚、平成28年分より申請書に個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。申請書様式が一部変更になっていますので、(新)様式申請書の提出をお願いたします。詳しくは下記をご覧ください。


          (1)「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」にマイナンバー(個人番号)を記入する。

          ワンストップ特例の適用に必要な「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の記入例を紹介します。記入例を参考に、必要事項を記入してください。漏れがないようにご注意ください。

          寄附金控除申請書記入例(個人番号欄あり).pdf

          寄附金控除変更届記入例(個人番号あり).pdf

          (2)本人確認と個人番号確認の書類を手元に用意する。

          なりすまし防止のために「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーを個人番号提供票に張り付け申請書と一緒に郵送することが必須になりました。ご自身のマイナンバー受け取り状況に合わせて、以下の表の書類を手元に用意してください。

          各自治体から手配される「通知カード(マイナンバーを通知するカード)」または「個人番号カード(マイナンバーの入った公的身分証明書)」のどちらかを持っている、またはどちらも持っていない場合でご参照ください。

          「個人番号カード」
          を持っている人
          「通知カード」
          を持っている人
          「個人番号カード」
          「通知カード」
          のどちらも無い人
          個人番号確認
          の書類

          個人番号カードの裏のコピー

          通知カードのコピー

          個人番号が記載された
          住民票の写し(住民票記載事項証明書)

          本人確認
          の書類

          個人番号カードの表のコピー


          下記いずれかの身分証のコピー
          ・運転免許証
          ・運転経歴証明書
          ・旅券(パスポート)
          ・身体障害者手帳
          ・精神障害者保健福祉手帳
          ・療育手帳
          ・在留カード
          ・特別永住者証明書 等

          ※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。

          ※令和2年5月25日以降に変更があった場合は個人番号確認書類として使用することができません。



          尚、上記の写真付き本人確認書類をお持ちでない場合は、下記のいずれか2つをご貼付ください。

          ・健康保険証
          ・年金手帳
          ・児童扶養手当証書
          ・特別児童手当証書
          ・介護保険被保険者証 等

          下記いずれかの身分証のコピー
          ・運転免許証
          ・運転経歴証明書
          ・旅券(パスポート)
          ・身体障害者手帳
          ・精神障害者保健福祉手帳
          ・療育手帳
          ・在留カード
          ・特別永住者証明書 等

          ※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。

          尚、上記の写真付き本人確認書類をお持ちでない場合は、下記のいずれか2つをご貼付ください。

          ・健康保険証
          ・年金手帳
          ・児童扶養手当証書
          ・特別児童手当証書
          ・介護保険被保険者証 等

          上記のように、

          個人番号カードを持っている場合:「個人番号カードの表裏のコピー」

          通知カードを持っている場合:「通知カードのコピー」「身分証のコピー」

          個人番号カードも通知カードもない場合「個人番号が記載された住民票の写し」「身分証のコピー」

          を申請書と一緒に「個人番号提供票」に貼り付けて、郵送してください。

          ※1月1日から12月31日の間にこの提供票をすでにご提出された方は、氏名・住所に変更がなければ提出は不要です。(1年間に一度の提出で構いません。)


          寄附の申込みの際、「ワンストップ特例制度を利用する」と申し出された方

          寄附の申込みの際、「ワンストップ特例制度を利用する」と申し出された方は寄附証明証と共に、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」及び「個人番号提供票」を同封しますので、必要事項を記入のうえ、署名、捺印後、「個人番号確認書類」と「本人確認の書類」のコピーを「個人番号提供票」に貼り付け、同封の上返信用封筒にてご返送ください。※FAX.・メールは不可。

          寄附をした後(特例申請書を提出した後)氏名や住所変更などがあった場合

          寄附をした後(特例申請書を提出した後)氏名や住所変更などがあった場合、及び確定申告・住民税申告をする必要が生じた場合は「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届書」及び「変更後の「個人番号確認書類」と「本人確認の書類」のコピー」を個人番号提供票に貼り付けて、必ず提出してください。

          ※6団体以上にふるさと納税をされた場合は、ワンストップ特例制度の適用を受けることができません。

          ワンストップ特例申請をした後に、確定申告または、住民税申告をされた場合

          ワンストップ特例申請をした後に、医療費控除などの控除の追加や新たな所得が発生し、確定申告または、住民税申告をされた場合は、ワンストップ特例の申請がなかったものとして取り扱われます。


          申請用紙のダウンロード及び送付先


          寄付金控除申請書  (個人番号あり).pdf

          寄附金控除申請書記入例(個人番号欄あり).pdf

          寄付金控除変更届  (個人番号あり).pdf

          寄附金控除変更届記入例(個人番号あり).pdf

          個人番号提供票令和3年分.pdf


          【送付先】

          〒639-3192

          奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1

          吉野町役場 協働のまち推進課 ふるさと納税係


          確定申告

          国税庁のホームページに、確定申告書を簡易に作成できるコーナーがあります。 作成した申告書は、添付書類を同封し郵送することができます。

          確定申告書等作成コーナー(国税庁)


          吉野町ふるさと納税協力事業者参加申込書及び謝礼品申込書はこちらからダウンロードして下さい。


          謝礼品協力事業者募集要項.pdf

          【新規】参加申込書.pdf

          【継続】参加申込書(口座等変更の場合のみ必要).pdf

          【新規】謝礼品申込書(改).pdf

          【変更】謝礼品申込書.pdf

          謝礼品変更・廃止申請書.pdf


          ご注意ください!



          吉野町をかたった寄附の"強要"や"詐欺"など、不当な請求が予想されます。
          十分にご注意ください。


          お問い合わせ先

          吉野町役場 協働のまち推進課
          〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
          TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9070 [IP直通電話]
          FAX:(0746)32-8855
          Mail:furusatokifu@town.yoshino.lg.jp