平成24年度決算等

平成24年度一般会計決算の概要

9月議会において、吉野町の平成24年度歳入歳出決算が認定されましたので、決算の概要についてお知らせします。
平成24年度決算については、歳入総額は前年度比3.87%増の54億6,836万円、歳出総額は前年度比4.61%増の50億868万8千円となりました。
このように決算規模が前年度に比べ大きくなった要因としては、歳出については、南和広域医療組合への出資金(113,310千円増)、企業誘致用用地取得に係る土地開発基金への繰出金(79,895千円増)、吉野広域行政組合への負担金(38,238千円増)、退職手当組合負担金(31,778千円増)などが増額したためです。
一方歳入については、繰越金(145,352千円増)、南和広域医療組合への出資金の財源として地域福祉基金からの繰入金(113,310千円増)が増額したためです。

【総括】(単位:千円)
年度 歳入総額 歳出総額 差引 繰越す財源 実質収支
平成24年度 5,468,360 5,008,688 459,672 80,255 379,417
平成23年度 5,264,836 4,788,100 476,736 9,180 467,556
【歳入】(単位:千円、%)
科目 決算額 決算構成比 科目 決算額 決算構成比
町税 748,756 13.69 分担金及び
負担金
50,322 0.92
地方譲与税 53,538
0.98
使用料及び
手数料
111,333 2.04
利子割交付金 2,776 0.05 国庫支出金 221,969 4.06
配当割交付金 3,178 0.06 県支出金 389,891 7.13
株式等譲渡
所得割交付金
765 0.01 財産収入 10,258 0.19
地方消費税
交付金
83,132 1.52 寄付金 42,507 0.78
ゴルフ場利用税
交付金
30,177 0.55 繰入金 203,010 3.71
自動車取得税
交付金
17,339 0.32 繰越金 476,736 8.72
地方特例交付金 531 0.01 諸収入 83,457 1.53
地方交付税 2,635,848 48.20 町債 301,600 5.51
交通安全対策
特別交付金
1,237 0.02 合   計 5,468,360
100.00
【歳出】(単位:千円、%)
目的別区分   性質別区分
科目 決算額 決算構成比   科目 決算額 決算構成比
議会費 89,244
1.78 
  人件費 1,022,452
20.42 
総務費 890,343
17.78 
  物件費 735,408
14.68 
民生費 973,323 19.43    維持補修費 14,102
0.28 
衛生費 900,680
17.98 
  扶助費 281,723
5.63 
労働費 82,719 1.65    補助費等 1,061,451
21.19 
農林水産業費 204,285 4.08    普通建設事業費 231,872
4.63 
商工観光費 87,519
1.75 
  災害復旧事業費 20,716
0.41 
土木費 404,633
8.08 
  公債費 606,075
12.10 
消防費 329,150
6.57 
  積立金 205,807
4.11 
教育費 420,001
8.39 
  投資及び出資金 113,310
2.26 
災害復旧費 20,716 0.41    貸付金 1,000
0.02 
公債費 606,075
12.1 
  繰出金 714,772
14.27 
合   計 5,008,688
100.00 
  合   計 5,008,688
100.00 

*性質別区分の決算額は、平成24年度地方財政状況調査によるものです。

特別会計決算

平成24年度の特別会計の決算概要は下表のとおりです。(単位:千円)

会計の名称 歳入総額 歳出総額 実質収支
国民健康保険特別会計 1,442,327 1,366,588 75,739
簡易水道事業特別会計 197,926 144,069 53,857
下水道事業特別会計 309,323 309,323 0
農業集落排水事業特別会計 31,870 25,083 6,787
介護保険特別会計(A+B) 1,107,039 1,086,179 20,860
うち保険事業勘定(A) 1,102,428 1,081,568 20,860
うちサービス事業勘定(B) 4,611 4,611 0
後期高齢者医療特別会計
143,418 143,294 124

【企業会計決算】

平成24年度の公営企業の決算状況は下表のとおりです。(単位:千円)

会計の名称 区分 収入 支出
水道事業特別会計 収益的 174,884 166,380
資本的 42,721 132,915
病院事業特別会計 収益的 1,425,747 1,395,047
資本的 31,911 102,062

町債の現在高

平成24年度末の各会計別の町債の現在高(末償還元金)は、下表のとおりです。(単位:千円)

会計の名称
H24年度末
H23年度末
一般会計
4,965,541
5,201,066
特別会計
 
 
簡易水道事業
643,372
669,939
下水道事業
2,385,710
2,465,534
農業集落排水事業
216,455
224,724
公営企業会計
   
 
水道事業
1,206,114
1,260,127
病院事業
1,214,163
1,309,947
10,631,355
11,131,337

基金の残高

平成24年度末における各基金の残高は、下表のとおりです。(単位:千円)

基金の名称 H24年度末 H23年度末
財政調整基金 655,764 504,456
減債基金 360,898 422,624
その他の基金 364,240 451,025
国民健康保険特別会計財政調整基金 165,957 195,433
介護保険特別会計財政調整基金 85,388 85,382
簡易水道事業会計財政調整基金 84,270 84,078
農業集落排水事業特別会計財政調整基金 12,541 12,537
土地開発基金(現金) 33,770 78,149
1,762,828
1,833,684
吉野町の財政状況を示す指標について

平成24年度決算時(括弧内は昨年度値を示しています。)

財政力指数:0.25《H23:0.27、H22:0.25、H21:0.27》

町の財政力を判断する指標です。
この数値が1を超えるほど財源に余裕があるとされています。(指数値は、決算年度を含め3ヶ年の平均値)

経常収支比率:95.5%《H23:93.8%、H22:88.8%、H21:92.0%》

人件費、公債費等の経常的な経費に、町税地方交付税等を主にする経常的な一般財源収入が充当されている割合を示します。この値が大きくなればなるほど、新たなニーズに対応する余地がなくなり、財政の弾力性が失われているとされています。

「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」(平成19年6月22日公布)による健全化判断比率等の状況

実質赤字比率、連結実質赤字比率については、平成23年度につづき普通会計及び全特別会計の赤字額から黒字額を引いた額が黒字決算となったため、「―」と記載しています。
実質公債費比率については、10.9%となり昨年度数値と比較すると0.4%改善されました。
将来負担比率については、89.7%となり昨年度数値と比較すると8.1%改善しました。

(単位 %)

 
H19決算時
---
---
17.2
151.4
H20決算時
---
---
15.4
164.2
H21決算時
---
---
13.6
129.9
H22決算時
---
---
12.5
96.7
H23決算時
---
---
12.3
97.8
H24決算時
---
---
10.9
89.7
財政再生基準
(15.00)
(20.00)
(25.0)
(350.0)
  公営企業会計名 資金不足比率 経営健全化基準
H19決算時~
H24決算時
水道事業 --- (20.00)
H19決算時~
H24決算時
病院事業 --- (20.00)
H19決算時~
H24決算時
簡易水道事業 --- (20.00)
H19決算時~
H24決算時
下水道事業 --- (20.00)
H19決算時~
H24決算時
農業集落排水事業 --- (20.00)

(備考)

  1. 実質赤字額又は連結実質赤字額がないため、「---」と記載しています。
  2. 資金収支不足がないため、「---」と記載しています。
  3. 吉野町の早期健全化基準を括弧内に記載しています。
    *早期健全化基準とは、地方公共団体が財政収支の著しい不均衡その他の財政状況の著しい悪化により自主的な財政の健全化を図ることが困難な状況において、計画 的にその財政の健全化を図るべき基準として、国が定めた基準のことです。

詳しくは、下記PDF資料をご覧ください。

お問い合わせ先

吉野町役場 財務課
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9071 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-8855
Mail:zaisei_g@town.yoshino.lg.jp