吉野小学校・吉野北小学校学校跡地利活用方針を策定しました

吉野町(以下、「本町」という。)では、平成30 年11 月に策定した「吉野町小中一貫教育基本方針」に基づき、小中一貫教育校開校に向けた準備を進めており、それによって、上市地区の吉野小学校及び平尾地区の吉野北小学校は閉校となるため、閉校となる2 つの小学校の学校跡地の今後の利活用を検討する必要があります。
また、両校が閉校した後も学校跡地は本町にとって貴重な財産であり、地域コミュニティの活性化、地域経済の発展、効率的な行財政運営の推進等のため、これらを有効に利活用することが重要であり、民間活力の導入も含めて学校跡地の有効活用に向けた検討を行い、新しいまちづくりを進めていく必要があります。
このため、本町のまちづくりの方向性との整合を図りつつ、両校の立地条件や法規制、民間活用のニーズ等の把握・分析を行いながら、吉野小学校及び吉野北小学校の利活用に向けた「吉野小学校・吉野北小学校学校跡地利活用方針」を策定するものです。


学校跡地利活用方針概要版.pdf

学校跡地利活用利活用方針.pdf

お知らせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

AdobeReaderをダウンロード