国民年金保険料の免除猶予制度

法定免除

障害年金を受けていたり、生活保護を受けている場合、届出により国民年金保険料が免除されます。

全額免除制度

申請により保険料の全額が免除されます。※申請は原則として毎年度行う必要があります。平成21年4月分からの保険料の全額が免除された期間については、保険料を全額納付した場合の年金額の 2分の1(平成21年3月分までは3分の1)が支給されます。

全額免除の所得基準

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること

(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

所得基準のめやす

世帯構成所得基準
4人世帯
(ご夫婦、お子さん2人)
162 万円
2人世帯
(ご夫婦のみ)
92 万円
単身世帯 57 万円

一部納付(一部免除)制度

申請により保険料の一部が免除されます。※申請は原則として毎年度行う必要があります。
一部納付制度は次の3種類です。納付金額、年金額は次のとおりです。

納付する保険料支給される年金額
4分の1納付の場合( 保険料 4,120円 ) 年金額8分の5※平成21年3月分までは2分の1
2分の1納付の場合( 保険料 8,250円 ) 年金額8分の6※平成21年3月分までは3分の2
4分の3納付の場合( 保険料 12,370円 ) 年金額8分の7※平成21年3月分までは6分の5

一部納付(一部免除)の所得基準

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
4分の1納付の場合 78万円+扶養親族の数×38万円
2分の1納付の場合118万円+扶養親族の数×38万円
4分の3納付の場合158万円+扶養親族の数×38万円

一部納付の所得基準のめやす

世帯構成所得基準
1/4納付1/2納付3/4納付
4人世帯
(ご夫婦、お子さん2人)
230万円 282万円 335万円
2人世帯
(ご夫婦のみ)
142万円 195万円 247万円
単身世帯 93万円 141万円 189万円

(注意)

一部納付(一部免除)制度は、保険料の一部を納付することにより、残りの保険料の納付が免除となる制度です。一部保険料を納付しなかった場合は、その期間の一部免除が無効(未納と同じ)となるため、将来の老 齢基礎年金の額に反映されず、また、障害や死亡といった不慮の事態が生じた場合に、年金を受け取ることができなくなる場合がありますのでご注意ください。 免除を受けた部分の保険料は10年以内であれば、後から納付(追納)が可能となります。ただし、承認を受けた年度から起算して3年度目以降に追納する場合は、免除された保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

学生納付特例制度

学生である場合、前年中の本人の所得が一定額以下の場合、申請して承認を受けると保険料を後払いとする ことができます。その取扱については次のとおりです。※申請は原則として毎年度行う必要があります。

学生納付特例制度の所得基準

(118万円+扶養親族等の数×38万円)

納付猶予制度(50歳未満の方)

学生でない50歳未満までの方で、ご本人及び配偶者の所得が一定額以下の場合に、申請により納付が猶予され保険料の後払いができる制度です。 ※申請は原則として毎年度行う必要があります。

お問い合わせ先

吉野町役場 町民課
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9063 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-8855
Mail:hoken_g@town.yoshino.lg.jp