特別児童扶養手当

対象者

20歳未満の身体または精神に中程度以上の障がいのある児童を監護している父母、あるいは父母に代わってその児童を養育している方に支給されます。

次のいずれかに該当する場合は支給対象とはなりません。

  • 日本国内に住所がないとき
  • 児童が児童福祉施設(通所施設は除く)に入所しているとき
  • 児童が障がいを支給事由とする公的年金を受けることができるとき

金額

詳しくは奈良県のホームページをご覧ください。

特別児童扶養手当について(リンク)

所得制限

 

所得制限限度額表

扶養親族等の数

請求者(本人)

配偶者・扶養義務者

0人

4,596,000円

6,287,000円

1人

4,976,000円

6,536,000円

2人

5,356,000円

6,749,000円

3人

5,736,000円

6,962,000円

4人

6,116,000円

7,175,000円

5人以上

扶養親族1人につき

380,000円ずつ加算

扶養親族1人につき

213,000円ずつ加算

加算額

  • 老人控除対象配偶者および老人扶養親族1人につき100,000円
  • 特定扶養親族1人につき
    250,000円

老人扶養親族(扶養親族と同数の場合は1人を除き)
1人につき60,000円

所得額=年間収入金額-必要経費(給与所得控除額)-80,000円-諸控除

【諸控除の額】

  • 寡婦(夫)控除:270,000円
  • 寡婦控除(特例):350,000円
  • 勤労学生控除:270,000円
  • 障害者控除:270,000円
  • 特別障害者控除:400,000円
  • 配偶者特別控除:当該控除額
  • 雑損控除:当該控除額
  • 医療費控除:当該控除額
  • 小規模企業等掛金控除:当該控除額

支給時期

手当は、指定された銀行などの金融機関の口座に年3回(4,8,11月)振り込みます。

 

支払期

支払日

支給対象月

12月期

11月11日

8月から11月分

4月期

4月11日

12月から3月分

8月期

8月11日

4月から7月分

※支払日が平日でない場合は直前の平日になります。

申請に必要なもの

特別児童扶養手当の支給を受けるためには申請が必要です。
認定となれば、申請月の翌月分からの支給となります。
※遡って支給をすることはできません。

  1. 印鑑
  2. 申請者本人、配偶者、対象児童、扶養義務者等の個人番号確認書類(個人番号カード、個人番号通知カード、住民票など)
  3. 申請者本人の顔写真つき本人確認書類(個人番号カード、免許証、パスポートなど)※写真がない本人確認書類の場合は2種類必要です。(健康保険諸+年金手帳など)
  4. 戸籍謄本(発行後1か月以内のもの)
  5. 住民票謄本(発行後1か月以内のもので記載事項省略のないもの)
  6. 申請者名義の銀行の通帳
  7. 診断書(所定の様式によるもの)
    ※療育手帳(判定A)や身体障害者手帳(1・2・3級および4級の一部。ただし内部障害を除く)を取得している方は、これをもって診断書にかえることが可能な場合がありますので、町民課へ問い合わせてください。
  8. 本年の1月2日以降(1月~6月に認定請求される場合は前年1月2日以降)に他の市町村から転入された場合は、前住所地の市町村発行の所得証明書(配偶者または扶養義務者がいる場合も同様です)

※必要書類については、請求者の状況によってかわりますので、まずは、町民課へ問い合わせてください。

こんなときは

受給者が死亡した場合

従来の受給者についての特別児童扶養手当受給資格者死亡届、未支払特別児童扶養手当請求書(未支払手当がある場合)の手続きと、新たに児童を監護・養育する方の認定請求が必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書
  3. 対象児童名義の通帳(未支払手当がある場合の振込口座)
新たに児童を監護・養育する方の認定請求
  1. 印鑑
  2. 申請者本人、配偶者、対象児童、扶養義務者等の個人番号確認書類(個人番号カード、個人番号通知カード、住民票など)
  3. 申請者本人の顔写真つき本人確認書類(個人番号カード、免許証、パスポートなど)※写真がない本人確認書類の場合は2種類必要です。(健康保険諸+年金手帳など)
  4. 戸籍謄本(発行後1か月以内のもの)
  5. 住民票謄本(発行後1か月以内のもので記載事項省略のないもの)
  6. 申請者名義の銀行の通帳
  7. 本年の1月2日以降(1月~6月に認定請求される場合は前年1月2日以降)に他の市町村から転入された場合は、前住所地の市町村発行の所得証明書(配偶者または扶養義務者がいる場合も同様です)

※詳しくは町民課へ問い合わせてください。

対象児童が死亡した場合

特別児童扶養手当資格喪失届の手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書

※詳しくは町民課へ問い合わせてください。

転居する場合

特別児童扶養手当住所変更の手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書

※その他の必要書類については、請求者の状況によってかわりますので、まずは、町民課へお問い合わせください。

転出する場合

特別児童扶養手当住所変更の手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書

※転出後、引き続き手当の支給を受けるためには転出先の特別児童扶養手当担当課でも手続きが必要です。 詳しくは町民課へ問い合わせてください。

転入した場合

特別児童扶養手当住所変更手続きが必要です。

持ち物

  1. 印鑑
  2. 特別児童扶養手当証書(前市町村のもの)
  3. 申請者本人、配偶者、対象児童、扶養義務者等の個人番号確認書類(個人番号カード、個人番号通知カード、住民票など)
  4. 申請者本人の顔写真つき本人確認書類(個人番号カード、免許証、パスポートなど)※写真がない本人確認書類の場合は2種類必要です。(健康保険諸+年金手帳など)

※その他の必要書類については、請求者の状況によってかわりますので、まずは、町民課へお問い合わせください。

お問い合わせ先

吉野町役場 町民課
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9063 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-8855
Mail:hoken_g@town.yoshino.lg.jp