吉野町地域包括支援センター



吉野町地域包括支援センターとは?

高齢者が住み慣れた地域で自分らしく安心して生活していけるよう、高齢者の生活を総合的に支えていくための拠点として平成18年4月に設置された機関です。地域包括支援センターには、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)の3人の専門職が配置され、連携して業務を行っています。


どこにあるの?

吉野町役場長寿福祉課の中にあります。吉野病院の玄関の左隣に「健やか1番館」の入り口があります。入ってすぐに赤いエレベーターがありますので3階へお越しください。エレベーター向かいに階段もございます。


吉野町地域包括支援センターの愛称が決まりました!!

『よしのスマイルセンター』です。

高齢者の方々が覚えやすく、親しみを持ってもらえるように、愛称を決めました!

また、「よしのスマイルセンター」のキャラクターが、『スマイルビーンズ』に決まりました。

(最終)マメロゴ入りヘタ付き.pngキャラクターである3つの豆で、地域包括支援センターに配置されている保健師、社会福祉士及び主任ケアマネジャーの3職種の役割を表現し、豆のさやは3職種の連携を意味します。

左から、なかま豆(社会福祉士)、えがお豆(主任ケアマネジャー)、げんき豆(保健師)


主な業務内容

介護予防について

介護が必要となるおそれのある方に介護予防のお手伝いをします。

担当:保健師


要支援認定者のケアプラン作成や、他機関との連携

要介護認定において要支援1・2と認定された方のケアプランの作成。地域の介護支援専門員(ケアマネジャー)や、医療機関などとの連携を推進し、ケアマネジャーへの 指導、 助言やネットワーク作りを行います。

担当:主任ケアマネジャー・保健師・社会福祉士


権利擁護・虐待の早期発見・防止

高齢者の人権や財産を守る権利擁護事業、高齢者自身が自分の判断で財産等を管理することが できなくなった時に活用される成年後見制度など、権利擁護に関するサービスや制度を活用するために、他の機関と連携して高齢者のみなさまを守ります。 また、高齢者の虐待防止や消費者被害の防止を図ります。

担当:社会福祉士


高齢者の総合相談

地域包括支援センターが町内の高齢者介護や福祉 に関する総合相談の窓口となっています。困り事がありましたら、「こんなこと聞いても いいのかな?」と悩まず、気軽にお問い合わせください。

担当:主任ケアマネジャー・保健師・社会福祉士





「見守りあんしんシール」を交付します

近年、認知症等を原因とした高齢者等の行方不明事案が全国で深刻な問題となっています。

そこで、吉野町では認知症等が原因で行方不明となる可能性のある高齢者等の安全及び介護される方やご家族の精神的負担の軽減を図るために、令和元年6月より「見守りあんしんシール」の交付を開始します。


【見守りあんしんシールの特徴】

QRコードがついたシールを衣服等に貼り付けておくことで、万が一、行方不明となり、発見・保護された場合は、発見者が現在の居場所等を入力すると保護者あてにメールが自動送信されます。発見者と保護者の双方で直接やり取りができるため、保護者は24時間365日いつでも素早く高齢者を迎えに行くことができます。

なお、発見者と保護者は伝言板機能を使って連絡するため、お互いの個人情報には触れることがありません。


【シールの交付枚数】

アイロンプリントシール20枚及び蓄光シール10枚(2年につき)


【対象になる方】

町内に住所を有する高齢者等で、認知症等が原因で行方不明となる可能性のある方、その他、見守り安心シールが必要と認められる方 等です。


【申請できる方】

ご本人、対象者の親族又は後見人・保佐人の方は申請していただけます。

身分を証明できるものをご持参ください。


【申請書類】

第1号様式利用申請書.docx


【見守りあんしんシール見本】(原寸は、たて2.4cm、よこ5.0cm)

ラベルデータ_啓発ポスター用1904_吉野町.png





※衣服や持ち物等にこのシールを貼っている方を見かけられたときは、スマートフォン等でQRコードを読み取っていただくよう、ご協力をお願いいたします。


【お申し込み・お問い合わせ先】

吉野町地域包括支援センター[吉野町役場長寿福祉課内]まで




救急医療情報キットの配布

【対象となる方】

  1. 町内に住所を有する65歳以上のひとり暮らしの方
  2. ご夫婦どちらかが80歳以上で構成する世帯の方
  3. 障がいがある方
  4. 民生児童委員が必要と認める方
  5. その他町長が必要と認めた方(昼間、夜間のみ1人になる方等)


【内容】

「救急医療情報キット」とは

緊急時に必要となる医療情報や、緊急連絡先等をあらかじめ記入した用紙を冷蔵庫に保管しておく筒型 の容器です。自宅での緊急時に救急隊員がキットの中の情報を確認して、速やかな医療活動につなげます。


【お渡しするもの】

  • 救急医療情報キット本体(筒型の容器)
  • 玄関扉貼付け用ステッカー(シール)
  • 冷蔵庫貼付け用ステッカー(マグネット)
  • 説明書
  • 医療情報等記入用紙 【保管のしかた】

◎「医療情報等記入用紙」に、血液型、緊急連絡先、かかりつけの医療機関などの必要事項を記入してください。

◎キット本体に次のものを入れてください。

  • 医療情報等記入用紙(内容を記入済みのもの)
  • 本人の写真
  • 飲んでいる薬の種類や量が分かるもの(写)※お薬手帳(写)、薬剤情報提供書(写)など
  • かかりつけの医療機関の診察券(写)
  • 健康保険証(写)、後期高齢者医療被保険者証(写)など

◎キット本体を冷蔵庫の扉部分に入れて保管します。笑顔豆ニコニコ.png

◎ステッカー(シール)を、玄関扉「内側」の上部に貼ります。

◎ステッカー(マグネット)を、冷蔵庫扉の「外側」に貼ります。


【費用】

無料です。


【注意点】

  • ステッカーが貼られている場合は、本人及び同居人等の同意を得ることなく、冷蔵庫を開けて救急医療情報キットを取り出すことがあります。
  • 救急医療情報キットは、救急隊が必要と判断した場合に活用いたします。そのため、救急医療情報キットの保持者であることがわかっている場合でも、活用されない場合があります。
  • 救急隊が、搬送先の医療機関を決める場合、本人の状態によっては,記載された「かかりつけの医療機関」に搬送されない場合があります。また、「救急隊への連絡事項」についても、必ずしも伝達できるものではありません。
  • 救急医療情報キットの中には、現金、通帳、印鑑などの貴重品は絶対に入れないでください。
  • 玄関扉貼付け用ステッカーは、玄関扉の「外側」に貼ると、救急医療情報キットの保持者(65歳以上等)であることが外部から分かることにより、犯罪等を誘発する可能性があるため、必ず玄関扉の「内側」に貼ってください。


【申請場所】元気豆ノーマル.png

吉野町役場長寿福祉課吉野町地域包括支援センター

(NTT)電話:0746(32)8856、(IP)電話:0746(39)9078

吉野町救急医療情報キット配付申請書(PDF)(Word)





レクリエーション用具の貸出

小さなお子さんから高齢者まで、幅広い方々に楽しんでいただけるレクリエーション用具の貸出を無料で行っています【貸出可能な用具はこちら(PDF)】。室内、屋外、車椅子で座ったままでも楽しめるものなどいろいろなレクリエーション用具がありますので、地域サロンやこども会などでご活用ください。用具の購入は、共同募金の配分金を一部活用させていただいています。

申し込み方法

電話で空き状況を確認の上、申し込みください。レクリエーション用具受け渡しの際に、物品借用申請書の記入が必要です。申請書のダウンロードはこちら(PDF)(Word)

借用対象者仲間豆ニコニコ.png

福祉活動を目的とする団体・または個人

借用期間

最長1週間程度

費用

無料

注意事項

レクリエーション用具の搬送は、ご利用団体又は個人にてお願いします。尚、用具破損の場合には、ご利用団体又は個人の責任において弁償をお願いする場合があります。



高齢者の生活、介護などでお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

3マメ.png


吉野町地域包括支援センター

住所 : 吉野町大字丹治130-1 健やか1番館3階

(NTT)電話: 0746(32)8856 (IP)電話 : 0746(39)9078



お問い合わせ先

吉野町役場 長寿福祉課
〒639-3114 奈良県吉野郡吉野町大字丹治130番地の1 (健やか一番館3F)
TEL:(0746)32-8856,0521 (0746)39-9078,9079 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-4690