野焼き(廃棄物の焼却)は 法律で禁止されています

野焼きとは

家庭や事業所から出た廃棄物(ごみ)を庭や空き地、田畑などで地面や素掘りの穴・ドラム缶・ブロックで囲んだ焼却炉を使用しての焼却は全て禁止されています。また、構造基準を満たさない焼却炉での焼却も禁止されています。(構造基準:廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第4条第7項)


法 律


廃棄物の処理及び清掃に関する法律(焼却禁止)

第16条の2 何人も、次に掲げる方法による場合の除き、廃棄物を焼却してはならない。
1 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従って行う廃棄物の焼却
2 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
3 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの


廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(焼却禁止の例外となる廃棄物の焼却)


第14条 法第16条の2第3号の政令で定める廃棄物の焼却は、次のとおりとする。
1 国又は地方自治体がその施設管理を行うために必要な廃棄物の焼却(河川や道路管理者が伐採した草木などの焼却)
2 震災、風水害、火災、凍霜害(とうそうがい)、その他の災害予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却(災害時における木くず等の焼却、凍霜害(とうそうがい)防止のための稲わらの焼却)
3 風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却(とんど焼きなどの地域の行事における不要となった門松・しめ縄などの焼却)
4 農業、林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却(やむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却以外、違法となります注意して下さい。詳しくは担当課までお問い合わせ下さい。)
5 たき火、その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの(暖をとる為のたき火、キャンプファイヤーなどを行う際の木くず等の焼却など) 


罰  則

違反した者は5年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金(法人の場合は3億円以下)またはその両方を科せられます。


例外となる焼却を行う場合の注意点

1 風の向きや強さによって行う時間帯を考慮しましょう。(「夜間」や「早朝」なら大丈夫だろうと思われがちですが、昼夜は関係ないのが現状です。)
2 煙の量や臭い・灰が飛ばないなど、ご近所の迷惑にならないよう配慮しましょう。(よく乾燥させてから焼却しましょう。)
3 ご近所とのトラブルをさけるため「事前周知(一声かけ)」を行いましょう。(例外となる焼却であっても、「洗濯物に臭いがついて困る」「煙や臭いで目やのどが痛いなど」迷惑行為となります。一声かけをすることで、ご近所とのトラブルを避けましょう。)


消防署への届け出について

例外となる焼却を行う場合であっても、管轄する消防署へ「火災とまぎらわしい煙または火災を発する恐れのある行為の届出書」により届け出をする必要があります。
なお、消防署への届出は、野焼きを許可するものではなく、火災防止のため状況を把握することを目的とするものです。 詳しくは、吉野消防署(℡ 0746-32-1011)までお問合せ下さい。


今までの慣習や風習にとらわれられずに、お互い譲り合って気持ちよく生活していきましょう。







お問い合わせ先

吉野町役場 暮らし環境整備課 環境対策室
〒639-3112 奈良県吉野郡吉野町大字立野767番地の2
TEL:(0746)32-9024
FAX:(0746)32-8097
Mail:kankyou_t@town.yoshino.lg.jp

お知らせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

AdobeReaderをダウンロード