国栖奏(翁の舞)(くずそう(おきなのまい))

国栖奏(翁の舞)(くずそう(おきなのまい))

毎年旧正月14日に、天武天皇をまつる浄見原神社に奉納される典雅な舞楽。1760年前、応神天皇が吉野の宮に行幸されたとき、国栖人が一夜酒をつくり歌舞を奏して天皇を慰めた故事にはじまるといわれます。

壬申の乱の大海人皇子をかくまった際も国栖舞を奏し、翁の称を賜わったといいます。舞は12人の翁で雅やかに奏されます。

吉野町エリアマップ

観光エリアから探す
キーワードから探す

カテゴリーから探す

お問い合わせ先

吉野町役場 産業観光振興課 観光交流室
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9066 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-8855
Mail:kankou_s@town.yoshino.lg.jp