地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

1.制度の概要

企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除される仕組みです。

国はこの度、地方創生の更なる充実・強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度税制改正により、大幅に制度を見直しました。

これにより、損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。

制度活用の留意事項

*本社(地方税法上の主たる事業所または事業所)が所在する地方公共団体への寄附については、本制度の対象とはなりません。

*1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。

*寄附を行うこと代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。


2.吉野町の取り組み


吉野町まち・ひと・しごと創生推進計画.pdf

1.地域経済を活性化し、安定した雇用を創出する

「産官学金労言」による連携体制の構築を基本とし、歴史・文化・産業を掘り起こし、研きをかけ、世界に発信する魅力ある地域産業づくりに取り組みます。また、地域産業関連の起業・創業の意欲を高め、地域人財養成と人財招致により安定した雇用を創出するとともに、特に次世代を担う若者が働きたいと感じる職場環境の創出を図ります。

2.地域の中で安心して暮らし続けることができるまちづくり

「吉野町まちづくり基本条例」の基本理念に基づいたまちづくりを進め、町民が安全・安心に暮らし続けることができるまちづくりを進めます。また、地域が一体となり、吉野の未来を担う子どもたちが地元に郷土愛・愛着心を持てるように育みます。

3.若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる

吉野の豊かな自然環境の中で、町民が安心して子どもを生み、育てることのできる環境を整備し、若い世代から「吉野で子どもを生み・育てたい!」と、住む場所として選び、自ら吉野の良さを発信してもらえるようまちづくりを進めます。

4.新しい人の流れをつくる

吉野の良さ・魅力・ライフスタイルを知り、好きになってもらえるような情報発信を推進し、吉野での定住・移住という新しい人の流れをつくります。また、世界遺産登録の吉野山などの地域資源を活用し、一年を通じて魅力ある観光地づくりを行い、交流人口の増加に繋げていきます。


令和2年度のプロジェクト一覧.pdf

令和2年度のプロジェクト一覧(系列別).pdf


3.制度活用の流れ

企業様からの寄附申し出について、随時受付をしております。

寄附申出書(Excel)

(1)企業様から寄附の申し出がありましたら、当町の令和2年度のプロジェクトのどの内容に活用させていただくか総合政策課にてご相談させていただきます。

(2)活用事業が決定しましたら、企業様から寄附申出書(Excel)を提出いただきます。活用事業の担当課から事業の説明と寄附金払い込みのお願いを致します。

(3)寄附の払い込みをいただきましたら、町から寄附受領書を送付させていただきますので税の申告等手続きを行ってください。

4.ご寄附をいただいた企業のご紹介

本事業にご寄附をいただいた企業を紹介します。(公開についてご了承いただいた企業のみ掲載しています。)

令和2年度事業

企業名 本社所在地 寄附額
シンコー建材株式会社 大阪府吹田市南吹田1丁目4番21号 1,000,000円

お問い合わせ先

吉野町役場 総合政策課
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
TEL:TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9070 [IP直通電話]
FAX:FAX:(0746)32-8855
Mail:seisaku@town.yoshino.lg.jp