児童手当

次代の社会を担う子どもの育ちを社会全体で応援するため、児童を養育している方に手当を支給します。

対象者

15歳に達する日以後の最初の3月31日(中学校修了)までの児童を養育しており、吉野町に住民登録のある方
※公務員の方は勤務先で申請してください。退職後は切り替えの手続きを行ってください。

お子さまがご出生、転入された場合

下記の申請期日までに手続きが必要です。

  • 転出予定日や出生日の属する月のうち
  • 転出予定日や出生日の翌日から15日以内

※手当は請求した月の翌月分からの支給となります。
※申請が遅れても、さかのぼって支給できません。

支給内容

認定請求をした日の属する月の翌月分から、支給事由の消滅した日の属する月分まで支給されます。原則として毎年2月、6月、10月の15日(15日が土・日・祝日の場合は直前の平日)にそれぞれの月の前月分までが支払われます。

※児童手当を受けている方は、受給要件の確認のため、毎年6月に「現況届」を提出していただきます。必ず、6月中に提出してください。

 

※平成24年6月分から所得制限が導入されました。

支給金額

0歳~3歳未満(一律)

15,000円

3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)

10,000円

3歳以上小学校修了前(第3子以降)

15,000円

中学生(一律)

10,000円

所得制限世帯(一律)

5,000円

※所得制限は、請求者の所得が対象です。世帯の合算ではありません。

申請窓口

町民課

申請に必要なもの

出生の場合

児童手当を受給していない方が新たに申請する場合

新規認定請求が必要です。

児童手当・特例給付認定請求書(excel)

  • 印鑑(認印で可)
  • 申請者本人・配偶者・児童(別居の場合のみ)の個人番号確認書類(個人番号カード・個人番号通知カード・住民票など)
  • 申請者本人の顔写真つき本人確認書類(個人番号カード・免許証・パスポートなど)※写真なしの本人確認書類の場合は2種類必要です。(健康保険証+年金手帳など)
  • 請求者(保護者)名義の普通預金口座情報(銀行名、支店名、口座番号)の分かるもの
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し(国民健康保険加入者以外の方)
  • 請求者および配偶者の所得証明書(所得額・控除の内訳・扶養人数等記載のある原本)(その年の1月1日現在、吉野町外に居住していた方のみ)※ただし、請求者の控除対象配偶者となっている場合は、配偶者の所得証明書は不要です。
  • 請求者のパスポートコピー(本人確認と在外期間のわかるページ)(その年の1月1日現在、国外に居住していた方のみ)
  • 児童の属する世帯全員の住民票謄本(記載事項省略のない原本)(児童が吉野町外に居住し、請求者と別居される場合のみ)
  • その他、状況に応じて必要な場合がありますが、窓口で別途ご案内します。

支給対象児童が増えたとき

額改定認定請求が必要です。

児童手当・特例給付額改定請求書(excel)

  • 印鑑(認印で可)

転出・転入の場合

本町へ転入した場合

新規認定請求が必要です。

児童手当・特例給付認定請求書(excel)

  • 印鑑(認印で可)
  • 申請者本人・配偶者・児童(別居の場合のみ)の個人番号確認書類(個人番号カード・個人番号通知カード・住民票など)
  • 請求者本人の顔写真つき本人確認書類(個人番号カード・免許証・住民票など)※写真なしの本人確認書類の場合2種類必要です。(健康保険証+年金手帳など)
  • 請求者(保護者)名義の普通預金口座情報(銀行名、支店名、口座番号)の分かるもの
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し(国民健康保険加入者以外の方)
  • 請求者および配偶者の所得証明書(所得額・控除の内訳・扶養人数等記載のある原本)(その年の1月1日現在、吉野町外に居住していた方のみ)※ただし、請求者の控除対象配偶者となっている場合は、配偶者の所得証明書は不要です。
  • 請求者のパスポートコピー(本人確認と在外期間のわかるページ)(その年の1月1日現在、国外に居住していた方のみ)
  • 児童の属する世帯全員の住民票謄本(記載事項省略のない原本)(児童が吉野町外に居住し、請求者と別居される場合のみ)
  • その他、状況に応じて必要な場合がありますが、窓口で別途ご案内します。

○児童のみ転出される場合

別居監護届様式の提出が必要となります。

本町から転出する場合

支給事由消滅届が必要です。

児童手当・特例給付支給事由消滅届(excel)

  • 印鑑(認印で可)

死亡の場合

受給者(保護者)の死亡の場合

従来の受給者についての支給事由消滅届と、新たに受給者となる養育者についての新規申請認定請求が必要です。

児童手当・特例給付認定請求書(excel)

児童手当・特例給付支給事由消滅届(excel)

  • 印鑑(認印で可)
  • お子様名義の普通預金口座情報(銀行名、支店名、口座番号)の分かるもの(従来の受給者への子ども手当に未払い分がある場合のみ)
  • 申請者本人・配偶者・児童(別居の場合)の個人番号確認書類(個人番号カード・個人番号通知カード・住民票など)
  • 申請者本人の顔写真つき本人確認書類(個人番号カード・免許証・パスポートなど)※写真なしの本人確認書類の場合は2種類必要です。(健康保険証+年金手帳など)
  • 新たな受給者名義の普通預金口座情報(銀行名、支店名、口座番号)の分かるもの
  • 新たな受給者の健康保険被保険者証の写し(国民健康保険加入者以外の方)
  • 請求者および配偶者の所得証明書(所得額・控除の内訳・扶養人数等記載のある原本)(その年の1月1日現在、吉野町外に居住していた方のみ)※ただし、請求者の控除対象配偶者となっている場合は、配偶者の所得証明書は不要です。
  • 請求者のパスポートコピー(本人確認と在外期間のわかるページ)(その年の1月1日現在、国外に居住していた方のみ)
  • 児童の属する世帯全員の住民票謄本(記載事項省略のない原本)(児童が吉野町外に居住し、請求者と別居される場合のみ)
  • その他、状況に応じて必要な場合がありますが、窓口で別途ご案内します。

支給対象児童の死亡の場合

支給事由消滅届または額改定届が必要です。

児童手当・特例給付額改定請求書(excel)

児童手当・特例給付支給事由消滅届(excel)

  • 印鑑(認印で可)

児童手当・特例給付現況届

6月分以降の手当を受けるために、現況届の提出が必要です

児童手当を受けている人は、児童手当法第26条により現況届の提出が定められています。
現況届は、児童手当を受給している人が、6月分以降も引き続き受給要件を満たしているかどうか、6月1日現在で確認するものです。現況届を提出しないと、6月分以降の児童手当を受けられなくなることがあります。
現況届は受給者宛に送付しています。

受付期間

5月下旬頃に郵送でご案内します。

※提出期限を過ぎても現況届を提出すれば原則として手当は支給されますが、10月の支払が遅れる場合があります。

※ただし、現況届の提出が2年間ない場合は、児童手当の受給権が消滅します。

提出方法

同封の返信用封筒で役場町民課へ郵送していただくか、直接窓口へおこしください。

提出書類

必ず必要な書類

(1)児童手当・特例給付現況届受給者宛に送付しています

(2)受給者の健康保険証の写し(会社の厚生年金等に加入している場合のみ)
ただし、下記の健康保険以外の方は年金等加入証明書が必要です。
(1)健康保険被保険者証
(2)船員保険被保険者証
(3)私立学校教職員共済加入者証
(4)全国土木建築国民健康保険組合員証
(5)日本郵政公社共済組合員証
(6)文部科学省共済組合員証
(7)共済組合員のうち勤務先が独立行政法人または独立行政法人であることが明らかなもの

場合によって必要な書類

・所得証明書(受給者及び配偶者のもの)
 その年の1月2日以降に吉野町へ転入された受給者(配偶者)は提出が必要です。
所得金額・扶養人数・諸控除額の記載のあるものに限ります。源泉徴収票不可。
 その年の1月1日時点で居住していた市区町村にて証明書の交付を受けてください。
配偶者が受給者の控除対象である場合は、配偶者の所得証明書は必要ありません。

・別居監護申立書及び住民票(児童と別居している場合のみ)
住民票は、児童の別居先が町外の場合のみ必要です。
別居先児童を含む世帯全員のもので、本籍・続柄に省略のないものを提出してください。

別居監護届(様式)

※その他必要に応じて提出する書類があります。

お問い合わせ先

吉野町役場 町民課
〒639-3192 奈良県吉野郡吉野町大字上市80番地の1
TEL:(0746)32-3081 (0746)39-9063 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-8855
Mail:hoken_g@town.yoshino.lg.jp