介護保険

平成27年4月1日から保険料が改定になりました

介護保険料は介護保険を運営する大切な財源です

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料について

保険料は、介護サービス費用がまかなえるよう算出された、「基準額」をもとに決まります。

kijyun.gif

平成27年度から平成29年度については吉野町第6期介護保険事業計画に基づき基準額が設定されています。

市町村によって保険料の基準額は異なります。

基準額(年額)68,400円【平成24年度~平成26年度基準額58,320円】


保険料の決め方

所得に応じて9段階の保険料区分が設定されています。

hokenryokimekata.gif

老齢福祉年金とは

明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または、大正5年(1916年)4月1日以前に生まれた方で一定の要件を満たしている方が受けている年金です。


合計所得金額とは

収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります。)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。

○事業収入のみであれば、「事業収入額」-「必要経費」

○年金収入のみであれば、「年金収入額」-「公的年金控除」

○給与収入のみであれば、「給与収入額」-「給与所得控除」 が合計所得金額となります。

複数の種類の収入がある場合は、それぞれに算出された額を合算します。


平成27~29年度の段階別基準額と年間保険料(年間保険料で10円未満切り捨て)

第1段階 基準額(68,400円) × 0.45 = 30,780円
第2段階 基準額(68,400円) × 0.75 = 51,300円
第3段階 基準額(68,400円) × 0.75 = 51,300円
第4段階 基準額(68,400円) × 0.9 = 61,560円
第5段階 基準額(68,400円) × 1 = 68,400円
第6段階 基準額(68,400円) × 1.2 = 82,080円
第7段階 基準額(68,400円) × 1.3 = 88,920円
第8段階 基準額(68,400円) × 1.5 = 102,600円
第9段階 基準額(68,400円) × 1.7 = 116,280円

前年度から継続して特別徴収の方の保険料は4・6・8月と10・12・2月に区分されます。

4・6・8月は前年度2月分の保険料額を納付します(仮徴収といいます)。10・12・2月分は前年度の所得を元に年間の保険料を算出しそこから仮徴収分を除いて調整された金額を納付します(本徴収といいます)。

介護保険制度の概要

独立行政法人福祉医療機構の「すぐわかる介護保険」にリンクします。

介護保険に関する基本的な内容についてわかりやすく説明されています。

ここをクリックして下さい。->http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/kaigo/handbook/

介護保険福祉用具の重大製品事故報告等について

消費者庁が公表しております福祉用具の重大製品事故について、介護用品に係るものについてご紹介します。消費者庁HP公表資料「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について」を確認のうえ、福祉用具の選定や事故防止にお役立て下さい。福祉用具を適切に使用するためには、利用者の心身の状況や生活環境などに応じて継続的に使用状況を確認するなどの対策が必要です。

ここをクリックしてください。->http://www.caa.go.jp/safety/index.html

お問い合わせ先

吉野町役場 長寿福祉課
〒639-3114 奈良県吉野郡吉野町大字丹治130番地の1 (健やか一番館3F)
TEL:(0746)32-8856,0521 (0746)39-9078,9079 [IP直通電話]
FAX:(0746)32-4690